膜厚測定の必要性

膜厚測定をすることは狙い通りの厚さで成膜されたかを確認することです。ではその膜厚測定の結果は一体どのような

場面で活かすことができるのでしょうか。

生産コストの管理

膜厚測定で材料管理、消費量確認ができる

原材料管理やその消費量確認において膜厚の測定は重要な役割を果たします。

私たちが普段目にしている食品包装用フィルム等の機能性フィルムについてはそれが特に当てはまります。

 

これらを過剰な厚さで生産してしまうと年間で材料を数万トンと無駄にしてしまい、多大な損失を生んでしまう可能性もあります。

 

膜厚測定をすることでそのような事態に陥ることを未然に防ぐことが可能です。


塗膜性能の確認

膜厚測定を行うことで塗膜性能の管理・確認が可能。

塗膜は厚さによって性能発揮の程度が変わります。

 

必要な性能を確保するためには膜厚管理は必須です。膜厚は薄くても厚くても性能が十分に発揮できない場合があります。特に膜厚が厚い場合には膜の剥離や生産コストにも影響します。


塗膜外観品質

膜厚測定を行うことで塗膜の外観品質を一定に保つことが可能。

塗膜に求められるのは性能だけではありません。性能だけでなく、塗膜の美観も重要視される場合があります。

 

塗膜したものが製品の外観に関係する部分の場合、その美観も重要となってきます。塗膜が厚すぎても薄すぎても求める外観にならない時には膜厚測定によって求める外観の塗膜厚を知ることができます。その結果、外観の品質を一定に保つことが可能となります